朝、一杯のお味噌汁でこんなに違う体

お味噌汁で体が温まるはホント

 

今日学校から帰ってきた息子が言ってくれた言葉

「朝、味噌汁飲むのと、飲まない日、違う気がする」

嬉しかったです。「でしょ、でしょ?どんな風に違う?」

息子「あ?」

私 「あったかいでしょ」

息子「うん(うざそうに…)」

これ以上いろいろ聞くときっと言わなきゃよかったってなりそうなので
この辺でやめました。

長男は小学校6年生。

今日は塾の日で、いつもはお弁当と塾バッグを持って迎えに行くのですが
今日は、幼稚園のお迎えの後、一度戻ってお弁当を作る時間がなく

息子に「お弁当作れなかったから、間に合う時間に持ってくね」というと
「パン食べたい」と。

我が家の食卓にパンがのぼることはほぼ無いので
たまには食べたいのですよね…

私としては成長期の大事な息子なので、玄米に野菜にお肉かお魚…と思うのですが、
食べたいというので今日はパンを買ってあげることに。

私「パンを買ってあげるからその代わり、帰ってきたらお味噌汁だけは飲んでね!」

と伝えたのです。

いつもだったら「はい、はい」ととっても面倒に返事をしてくれるのですが(笑)

今日は「朝、味噌汁飲むのと、飲まない日、違う気がする
だったのです。

家から最寄り駅までの間の寒さが違うとのことでした!

お味噌汁は、身体も心もポカポカにあたためます。

何故味噌は体をあたためる?

まず、お味噌が発酵食品であること。
発酵食品には体の代謝を助ける働きがあるので、熱を生み出すのを助け
体をあたためてくれます。

また、お味噌に入っている塩分も体をあたためるのを助けます。

塩分は体に悪い!というイメージがありますが、これは精製塩であって
ナトリウムカリウムなどバランスが良ければ、
塩分のとりすぎは心配しなくても良いと言われています。

ですから寒い地方の方が塩っ辛いものが多いですよね。お味噌の塩分濃度も高いそうですよ。

さらに体をあたためたいなら、お味噌汁の具材も体を温める根菜類に。
ネギ、人参、大根、ゴボウ、ジャガイモなどがおすすめです。

季節によって具を変えるとさらに快適に過ごせますね。

「塩分」は体を温める。意外でしたか?

ちなみに「酸っぱいもの」は体を冷やします。また心がキュッとしまるとも言われています。甘いものを食べるとだらーんとして、酢を食べるとキュッとする。
なんとなくわかる気がしますね。

これからますます寒くなっていきます。
朝一杯のお味噌汁に一日のパワーをいただきましょう♪

毎日、お味噌汁を作るのは大変!という方は、味噌玉を作っておくことをおすすめします。
お味噌の効能・効果はこちらをご覧くださいね。

自分一人で作るのが面倒!という方はぜひ「ズボラ天然生活入門講座」に遊びにいらしてくださいね。一緒につくりましょう。

冷え性が治った、疲れやすかったのに朝起きるのが楽になったと好評です!

 


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

7月、8月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

日本人のスーパーフード お味噌汁

(Visited 255 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 体調のバロメーターは?どこをみるか決めていますか?

  2. 身体ポカポカ りんごのくず練り

  3. 手作り味噌なら寒い時期に

  4. 風邪にかからないためにできること

  5. ロンドンで簡単自家製味噌作り&オーガニックを探す旅

  6. 冬はダイエットにぴったりの季節

  7. 甘酒ココアでリラックス

  8. 初のズボラ天然生活入門講座

アーカイブページ