ヨーグルトでお腹を壊した!?

ヨーグルトで風邪予防

おはようございます。フードライフクリエーターの唐木るみこです。
今日は、お醤油作りのワークショップ。
お醤油を朝からポタポタとしぼって(落として?)いるので
いい香りが広がっていて幸せな気分です。

ヨーグルトでお腹を壊してしまった

さて、メルマガ読者の方から頂いたメールを一つご紹介します。

子供がもうすぐ受験なので、

風邪に強いと言われているヨーグルトを
食べさせたら、、お腹を壊してしまいました。
 
そこで、ヨーグルトが不向きならば
兼ねてから気になっていた

発酵食を取り入れていこうと思いたちました。

嬉しいです。ありがとうございます!

そうです、そうです!

腸の状態を良くするのはヨーグルトだけではありません!

受験を控えたママたちはいろいろなうわさに流されて…
と書いたばかりですが

実際にいらっしゃいました。

受験生だけではありませんが、子どもに風邪は引かせたくない!と思うので
良いと聞けばなんでもしてあげたくなるのが親心。

腸まで届く乳酸菌」というCMもありますしね。

ただそういう意味では動物性の乳酸菌より植物性の乳酸菌の方が優れています。

また、腸まで届く菌がいることも大事なのですが
菌は生きたまま腸に届かなくても

良い菌のエサになることができるので決して無駄ではないのです。

乳酸菌について詳しくはこちら⇒★をご覧くださいね。

また

頂いたメールにはお腹を壊してしまう…とありましたが
そのなぞはこちらをご覧ください⇒★

植物性の乳酸菌はヨーグルトだけではありません。ザワークラウトもそうですし
水キムチなどもそうです。
お野菜のお漬物をすれば乳酸菌をとることができます。

ぬか漬けにもたっぷり入っています。

乳酸菌は種類がたくさん

 

発酵食品は体によい!
腸によい!

と言われていますが、多くの発酵食品はたくさんの菌の力で作られています。
また菌たちは寿命も違えば、塩に強いもの熱に強いもの
空気の好きな子、嫌いな子と様々です。

ですから、一番良いのはいろいろな種類の発酵食品を
毎日食べることです。

そうすれば腸の中の菌の状態も整ってくると思います。

腸が整うとよいことがたくさんありますよ。

ヨーグルトが良い!と聞いたらそれだけを食べ続けるのではなく、

毎日継続して発酵食を口に入れられることが理想です。

今の季節は体がポカポカしてくるのも体感できると思いますよ。

発酵食品は先人の智慧 保存食

 

自家製豆乳ヨーグルトの作り方

(Visited 75 times, 1 visits today)

関連記事

  1. キンカンと自家製豆乳ヨーグルトの相性が抜群

  2. タバスコも発酵食品!?

  3. 超簡単な自家製ハムの作り方

  4. おでんの起源とお味噌の期限

  5. イーストもイーストフードも食品添加物?

  6. いけないとわかっているのに、間食がやめられない!

  7. いいことは一気にやってくる!!無添加のおにぎり見つけた!!

  8. 自家製豆乳ヨーグルト&麹の甘酒

アーカイブページ