お醤油作りを見せていただきました!ミツル醤油(糸島)

福岡糸島のミツル醤油

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

2017年の夏、初めて、福岡でドイツのお漬物ザワークラウトのワークショップをしました。そして、念願叶って、福岡県糸島市のミツル醤油さんに見学に行きました!

お醤油を作る時にいつもこちらの麹を購入して使わせていただいています。

米麹、豆麹、麦麹などなど、麹は「菌」によって、「蔵」によって、
味が性格がそれぞれ違います。
お醤油用の麹を取り寄せていろいろ使ってみましたが、
ミツル醤油の麹の香りがとてもよく、味も好みのもので、すっかり気に入ってしまいました。

場所は福岡県糸島市。
博多駅から筑前深江という駅まで行き、そこから歩いて3分くらい。

ミツル醤油醸造元まで着くとなんだかすでに良い香り~。

まずは桶で仕込んでいるお醤油を見せていただきました!

お醤油のいい香りに包まれていきなり幸せ。別世界~。
菌たちが目に見えるみたいでした。思わず樽を撫でてよりかかってしまいました!
この木の桶も今は作る職人さんがどんどん減っているということ…。
伝統的なお醤油の作り方を守るためにもこうして木桶を使っているお醤油やさんのものを買わなくては…ひろめなくては…と思いながらの見学。

はしごを使って登らせてもらい、中をのぞかせていただきました!

これみた瞬間、中に浸かりたい衝動にかられました。
砂風呂でなく醤油もろみ風呂~。

4代目で醤油作りを復活させた城慶典さんから直接お話を伺うこともできちょっと感激です!
お会いしたことはありませんでしたが城さんのブログやフェイスブックを見ていたので知り合いのような気分。(すみません…)

お醤油屋さんの中でもその蔵でお醤油を作っているのは約1割なのだとか。
お醤油作りにこだわりまた糸島のもの、九州の原料にこだわっているお醤油やさんです。

麹室も外からのぞかせていただきました!

あちこちで木の香りがします。

城さん、おいそがしいところありがとうございました!!
また遊びにいかせてください。

ミツル醤油さんで買った麹とお醤油を送ってもらいました!
無肥料無施肥の小麦と大豆で仕込んだお醤油。表のラベルはありません。

 

ラベルの見方についてはぜひこちらの講座にご参加ください!

添加物って何?添加物の見分け方が分かるので自然食品屋でなくて

普通のスーパーでも体に負担のないものを選べるようになります。


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

9月、10月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 84 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 発酵食品の日本酒 日本酒のラベルの見方

  2. 玄米の美味しい炊き方

  3. 自然療法ツアー(オーストラリア)4日目

  4. 美味しい!発酵ソースいろいろ

  5. タール系色素は危険?(食品添加物)

  6. カラメル色素って身体に良くないの?

  7. アレルギーでも食べられる手作りキムチ

  8. 発酵食で家族の会話がふえる?!

アーカイブページ