冬はダイエットにぴったりの季節

ダイエットするなら冬

 

おはようございます。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

今日は次男の幼稚園の懇談会があり、その後に数人のお母さまとランチをしました!
年齢の話になりましたが…一回りくらい違う方もいらっしゃるのですよね…

長女は中学校3年生ですから仕方ないですが(笑)

まだまだちびっこがいるので、元気で一緒に遊べるようしなくては!
と思ったお昼でした。

さて、食欲の秋を過ぎ、例年ほど寒くないような気がしますが
それでも季節は冬。

冬は一年で一番痩せやすい季節だってご存知ですか?

逆に夏が一番太りやすいのです。

ん?え?逆じゃない?と思われましたか?

そう、冬はクリスマスに忘年会、新年会とイベントがたくさんあり、
ついつい食べ過ぎてしまうので体重増加している方も多いかもしれません。

さらに寒いので夏よりも運動量が減っているという場合も多いのではないでしょうか。

私も…ダイエット…と思って夜の炭水化物は控えているのですが
ランチの回数、忘年会の回数が増えてくると
どうしてもカロリーオーバーになりがちです。

さらに今まで自転車で移動していたところなのに車を使っていることも多いかもしれません。

冬は基礎代謝があがる!

寒い冬は体を温めようとして基礎代謝があがります!

ですから、基礎代謝をうまく利用すれば体重が減ります!!

でもそのためには筋肉が必要となります。

冷えていないことも重要です。

それから自律神経を整えておくこともダイエットには重要ですよ。

まとめると

1.適度な筋肉をつける
2.体をあたためる
3.自律神経を整えること

が冬を味方につけるダイエット方法です。

体温が1℃上昇すると、基礎代謝が12%アップするといわれています。
体を温めることが有効な理由ですね!

また脂肪はなかなかあたたまりません。
エネルギーを使うのは筋肉です。
ですから、脂肪のついているお腹やおしりが冷たかったりしませんか?

今、手のひらでおしりを触ってみてください。
手より冷たかったら冷えています。
お腹も触ってみてください。お腹とおしりどちらが冷たいですか?

筋肉が少ないと体が温まらない。
体が温まらないと基礎代謝があがらない。
基礎代謝があがらないと、、、また脂肪がたまる。
という悪循環に陥ってきます。

筋肉をキープする適度な運動と体をあたためる食事をしていくことで
効果が上がりそうですね!

身体をあたためる食材、食べ方、
意外と知られていない体を冷やす食材について
お伝えしたいと思います。

冷え改善、温める食べ物

(Visited 34 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 七草がゆの作り方、由来

  2. 体の糖化現象

  3. 生理痛の程度も体の状態を知るバロメーター

  4. 自然療法ツアーinオーストラリア 最終日

  5. 発酵食の効果的な摂り方

  6. 週に1度は体も冷蔵庫も大掃除

  7. ホメオパシーでセルフケア

  8. 子どもの平熱が低すぎる?

アーカイブページ