ホメオパシーでセルフケア

自然療法の1つ「ホメオパシー」

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

さて今日のテーマ、ホメオパシーのセルフケアについてです。

ぎっくり腰のお話の時にも出てきたホメオパシーですが
セルフケア講座を受けてから自分で使い始めて4年くらいになります。

それ以前も自然療法の1つとして気にはなっていたのですが

なんとなくその時でない気がして使っていませんでした。

4年くらい前に初めて家庭のホメオパシーセルフケア講座(全10回)を
まじめに受け、セルフケアキット(西洋医学でいうお薬みたいなもののセット)を
手に入れて使い始めました。

身体やこころを元気に保つ方法って1つでなくたくさんあると思いますが
ホメオパシーは、私にとっては欠かすことの出来ない1つです。

何を食べるかも大事、どんな日常品を使うかも大事、香りの力を借りたり
家庭でのお手当(台所にあるもの等で)、ストレスを溜めないこと、
睡眠をきちんととること、運動すること

そういったバランスによってとっても楽に頑張ることのできる元気な心と体が
保てるのではないかと思っています。

例えば風邪をひいたり、けがをしたり、やけどをしたりした時に

対処する方法が1つではなく、選択肢がたくさんあると
状況に分けて使い分けることができるのでとっても楽に過ごすことができるのでは
ないかな?と思います。

 

ホメオパシーって?

 

その話は分かった!ではいったいホメオパシーって何なの?ということですが

ホメオパシーとは18世紀にドイツで生まれた自然療法の1つです。

似たものが似たものを癒すといわれる療法で
身体にも心にもそのもっと奥にも働きかけてくれるような気がします。

私はホメオパス(ホメオパシーのお医者さんのような方)でないので
少しとらえ方が違うかもしれませんが
使ってみての感想をお伝えしますね。

 

病気を治す!というよりも私たちが自分で自分を治そうとする力を助けてくれる
というものの気がします。

熱が出た時には、解熱剤でおさえるのではなく
熱を出すような成分を薄めてとることで、自然治癒力で熱を押し出す。
という感じ。

レメディは植物や鉱物、動物由来のものなどがあるのですが
それを薄めて、薄めて、物質的な成分なんてないくらい薄めると
逆に効果が高まる!エネルギーが高まる!というから面白い。

確かにただの砂糖玉なのに…とっても不思議です。

初めて聞くとちょっとわかりずらいかもしれませんが、
方法としてはその時の症状、状態、感情などにあわせて
レメディ(ホメオパシーのお薬のようなもの)を飲みます。

レメディの選択があっていると、症状が緩和されたり、消えてしまったり…
ほんとに不思議です。

子どもの不調、もちろん私自身の不調もずいぶん助けられましたよー。

症状にあったレメディを探したり、自分に似たレメディを探したり
家族や自分をよく観察して寄り添うきっかけにもなったので
そんなところもよかったかな。と思ってます。

ご興味ある方はぜひ調べてみてくださいね。

ホメオパシーは、そのままほっておいてはいけないような時に
レメディに頼って症状が悪化してしまった…のような話で
否定、批判されていることがありますが

それはちょっと違うのではないかなーと思ってます。

お薬とどう付き合うか?


自然療法ツアーinオーストラリアに出発!


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

9月、10月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 62 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 無添加オーガニック豆板醤あと1名!6月はキムチと甘酒ワークショップ

  2. 自然療法ツアーinオーストラリアに出発!

  3. 自然療法ツアーinオーストラリア 最終日

  4. 心も体も春へ 春は苦いものを

  5. 自宅出産のメリット

  6. ズボラ天然生活入門講座~菌のご縁~

  7. こんにゃく湿布のお手当

  8. ホメオパシーセルフケア講座@西東京市

アーカイブページ