試験当日の朝はかつ丼でいいか?

試験にカツ!

 

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

昨日、今日と次男は休園でお休み。
今日は一日中一緒に過ごしました。

午前中は私にお客様、

午後からは甥っ子が遊びに来て

夕方からは妹に鍼治療をしてもらい、お夕飯食べて…
私、寝ていました!!

ちょっと前に復活!

という訳で大変遅い時間になってしまいました…が

今日はどうしても試作したかった

生チョコ風くずもちを今作っています。
もっと早い時間でしたらレシピを…と思ったのですが

まだ出来上がらないので、レシピのご紹介はまた今度。

さてさて明日は大寒。2月3日の立春まで寒い日が続くとされています。
それでも春に徐々に徐々に体は移行していく大切な時。

体調管理に気をつけたいところです。

さて、お子さんの受験を控えていらっしゃるという方も多いのではないかという時期ですが

昔、もしかしたら今も

試験当日の朝ごはんは「かつ丼!」などとよく言われましたがいかがでしょうか?

試験に勝つ!縁起は良さそうですが‥‥

身体のことを考えると、、また頭が働くのかどうかを考えるとちょっと疑問です。

もちろん、毎朝カツどんを食べてます!という方はOKですが

カツはお肉に衣をつけて油で揚げています。

基本的に油もお肉もそのままでは消化吸収は良くないのです。

消化吸収に時間がかかり、
頭がぼーっとする時間も長いはず、おすすめは出来ません。

試験の日なので
お子さんの好きなもの、頑張れそうなもの!を出したくはなりますが

試験終わったら美味しいものを食べようね!ということにして

朝は質素が一番です。

早めにお腹がすくくらいでもちょうどよいかもしれません。

いつも通りが一番です。

我が家では

いつも通りお味噌汁!玄米ご飯少なめ、梅干!になると思います。
お肉を出すときっと食べ過ぎるので卵くらいにしておこうかなと思っています。

決して気合の入りすぎることのありませんように…。

甘酒もとってもよいと思いますよ。もちろんノンアルコールの麹から作った甘酒です!
作り方はこちらから⇒★

お味噌汁にひとさじ甘酒を入れるのもおすすめです!

甘酒は夏の季語ってご存知ですか?甘酒の効果・効能

季節柄風邪が流行っています。元気に一緒にのりきりましょう。


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

6月、7月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 39 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 豆腐ようも手作りできる!

  2. 外食はダメなの?

  3. 手作り味噌なら寒い時期に

  4. トマト酵母でパン作り

  5. トッポッキの味付けも発酵調味料で

  6. 甘酒は夏の季語ってご存知ですか?甘酒の効果・効能

  7. 春はイベント三昧

  8. エビ・カニアレルギーだけじゃなかったかも…

アーカイブページ