こんにゃく湿布のお手当

こんにゃく湿布でセルフケア

 

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

さて、寒くなりインフルエンザ、胃腸炎など様々な病気が流行ってきていますね!

風邪やインフルエンザ予防のために何をされていますか?

ワクチンを受けられる方、病気にかかってから病院に行く方

様々かと思います。

病気にかかった時にどんな対処をするかはそれぞれの考え方があると思いますが、

私はできれば自分が元気でいてウイルスが近付いてこないとよいなと思っています(笑)

 

こんにゃく湿布

直接風邪予防ということではありませんが
今日はこんにゃく湿布をご紹介したいと思います。

私はなんか疲れたなぁ、また冷えている気がする、熟睡したいなぁ…なんて思う時にします!

だいたいそのまま寝てしまうことが多いのですが、身体ポカポカ、気持ちよく、とてもリラックスできます!

こんにゃくでなくて、簡易カイロではだめなの?

と思われるかもしれませんが
効果が全く違います!

ぜひ試してみてくださいね。

作り方

用意するものは、こんにゃくとサラシやタオルなど。

こんにゃくを一丁20から30分かけてゆっくり茹でます。

こんにゃくをタオルなどで巻きます。とても熱いので気をつけてくださいね。

うつ伏せになって腰の上あたりをあたためます。

これだけです。20分くらいそのままこんにゃく湿布をしてください!

私はだいたいそのまま眠ってしまうので
タイマーをかけて横になります‼

使ったこんにゃくは蓋付きの容器にお水と一緒に入れて
冷蔵庫で保存してください!

寒いな、風邪ひきそう、疲れたー!、ぐっすり眠りたいという時にオススメです。

お薬とどう付き合うか?


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

9月、10月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 56 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 生理痛の程度も体の状態を知るバロメーター

  2. 甘酒ココアでリラックス

  3. 心も体も春へ 春は苦いものを

  4. 寝ること、食べることで脳ができあがる

  5. 自宅出産のメリット

  6. 外食はダメなの?

  7. コンソメやブイヨン使わなくても大丈夫!

  8. 発酵食品は活性酸素も消しますか?

アーカイブページ