風邪にかからないためにできること

風邪にかかるのは何か理由がある

 

おはようございます。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

ここのところ暇さえあればお味噌を仕込んでおります。

この冬は

黒豆、大豆、ひよこ豆を
それぞれ自然栽培の白米麹と玄米麹で仕込みました。

あと麦麹で仕込んでこの冬の仕込みを終えようかなと思います。

これで足りるかな~!

うちのお味噌の消費量はとても多いです。

朝、晩のお味噌汁

また味噌鍋、味噌煮込み。

味噌味がとても多いのです。

私はあっさり塩味もすきなのですが、

夫に「何味にする?」と聞くと

100%味噌味といいます。

しかも、普通のお椀でなく、

どんぶりのような大きさの器で2~3杯飲みます。

味噌味が好きなのだとは思いますが、
毎日の不規則な食生活や睡眠不足などなどを

お味噌汁で調整するために

身体が欲しているのではないかなー?と考えています。

それから一番体温の高い長男の好きなものは

味噌と梅干。

マクロビなどでよく出てくる梅醤番茶っておききになったことありますか?

元気ドリンクの代表選手ですが

梅干しが使われていますね!

昔から梅干しは薬効が高いことで知られています。

私は5年くらい熟成させたお味噌と梅干を一緒にしてお湯で溶いて飲むのが結構好きです。
5年味噌って風味はよくないと言われているのですが

飲むと細胞全部が喜んでいる、そんな感じがします。(全くの個人的な感想です)

 

梅醤番茶の作り方

材料は、梅干、醤油、番茶、生姜です。

ここで気をつけたいのは、本物の梅干し、お醤油と無農薬の番茶を使うこと。

お茶は、殺菌作用もあり体によいものとされていますが

かなりの量の農薬が使われているのことも多いので、「飲む農薬」と言われることもあります。

せっかく体のために飲むならちょっと素材は選んでくださいね。

 

湯呑に、梅干とお醤油、そして生姜の搾り汁を入れて

番茶を注いで混ぜるだけです。

インフルエンザの方も今年は特に多いように感じるのですが

私だけでしょうか?

次男の幼稚園も幼稚園閉鎖になりました。

長男の学校では低学年から続々とインフルエンザの波が…。

街を歩いて聞こえてくるのは

ワクチン打ったのにかかったのよ~!です。

そう、よく聞こえてきますよね。

ワクチン、意味はあるのか、ないのか…

選ぶのは自分ですが

無料では無いので
そのワクチンの代金を

例えば毎日の調味料に変えてみる!とか

無農薬の玄米に切り替えてみる!添加物の無いお漬物にしてみる!

などといった予防法でもいいのかな~と

ワクチンうったのにかかった!という話を聞くと思ってしまう私です。

つい最近よんだ記事に

インフルエンザも風邪もうがいをするより

お水などの水分をこまめにとった方がウイルスを胃酸がやっつけてくれるのでよい!

と書いてありましたよ。

試してみる価値はありそうです!!

また、平熱が低くなってきて、病気にかかりやすくなっているというお話があります。

平熱が低くなった原因を一つずつ減らしていけたら
身体ポカポカ、病気に知らずになれるのではないでしょうか。

 

病気知らずになりたい!でもインフルエンザや風邪にかかって熱を出すときには

必ずデトックスしなければならないものが体にあるということ。

普通に生活していると身体にたくさんたまってきてしまう化学物質…。

しっかり熱を出してきれいにすることも大事です!

引いてしまったら、熱を下げよう!でなく、

なんで引いてしまったのかな?と生活スタイルを見直してみる良いチャンスです。

最後に

我が家で、特に受験生にさせていること

やっぱり、やっぱり朝一杯のお味噌汁をおすすめします。

朝のお味噌汁を欠かさないこと。
寒ーいでなくポカポカを感じてから出て行ってもらう。

お弁当には玄米、梅干し、発酵食品。

それからエキナセアってご存知でしょうか?
シロップなども売っていますが
うちが愛用しているのはエキナセアの入っているハーブドリンク。

こちらを必ず飲むようにしています。

受験シーズン真っ只中、さらに寒波到来!

みんなで乗り切りましょう!!

 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

9月、10月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 


(Visited 94 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 朝に桜茶で縁起よく

  2. コンソメやブイヨン使わなくても大丈夫!

  3. 冷え改善、温める食べ物

  4. 体調のバロメーターは?どこをみるか決めていますか?

  5. 生姜は体を冷やす?

  6. 冬はダイエットにぴったりの季節

  7. 七草がゆの作り方、由来

  8. 3か月発酵調味料を意識して変わりました!記録は大事

アーカイブページ