ズボラ天然生活

ズボラで体に地球にやさしいライフスタイルの提案

 090-3689-2400

365日迷わず発酵料理を作れるコツが分かる
「ズボラ天然生活入門講座」

ラベルの見方 食品ラベルの見方 食品添加物

お豆腐に使われる食品添加物

2018/02/26

お豆腐の消泡剤と凝固剤

 

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

なんだかイベント続きで疲れたのかなー?
今日は次男が午前保育でお迎えが11時半だったのですが

送って帰ってきて8時から11時まで寝てしまいました~。

わー、損した~!!と以前なら思うところではありますが

よし、復活(笑)ということで午後から猛烈に2倍速で
次男と一緒に掃除をしたり、
お絵かきしている隣で原稿書いたり…と過ごしました。

昼寝にしては長すぎますね!

その次男、夕方にいたずらをしてくれまして(汗)
かなりの時間をとられました。

幼稚園の制服のおリボンを分解してしまったのです。

ブラウスにスナップボタンでつけられるように
リボンの形で縫ってあるのですが‥‥

見事に二本のリボンに分けてくれて…

簡単に元に戻せるかと思ったのですが
案外難しく

形がうまくいくと、あら?生地が一部裏返し?

というような状態で…
1時間以上かかってしまいました。

今クリップ止めしてありますがまだ縫っていません。

そんなこともあるものです。いたずらした本人は分解してみたかった・・・と。

この子は過去にもいろいろなものを分解してくれました。

DVDプレーヤーも壊しましたし
ノートの分解。お財布の分解…などなど。
おもちゃの小さなネジもすぐにドライバーではずしてしまうし…。

自分の子でなかったら、好奇心がある証拠ね~とか言えるのかな?

 

お豆腐の選び方

さて、今日は読者の方からいただいたご質問にこたえたいと思います。

豆腐を選ぶ際に、国産で凝固剤と書いたものを選ぶようにしていますが、

「国産大豆、凝固剤、消泡剤」と書いてあるものと、
「大豆(遺伝子組み換えでない)、凝固剤(にがり)」と書いたものでは、

どちらを選んだらいいでしょうか?

という質問です。

どうされますか?

何を基準に選ぶか、何を大切に思うかは人それぞれだと思いますが

私なら…ということでお答えしました。

まず、この二つだったら消泡剤の無いものを選びます。

お豆腐を製造する過程でどうしても
泡がたちます。

その泡を消すために使われているのが消泡剤

消泡剤を使わない場合は、泡をすくって布で濾すといった作業となります。

消泡剤といっても種類があって

一つはシリコーン樹脂
もう一つは植物樹脂
他はグリセリン脂肪エステル

この3つはいずれも作っていく過程で消えていくとされていて
害もほとんどないと言われています。

お豆腐は大豆を使って作るので、大豆のサポニンが含まれている以上
泡が出ることは避けられないので
どうしても消す作業が必要になるのです。

私ならできれば無いものを選びたいなと思います。

頂いたメールの例ではありませんでしたが

もし、大豆が遺伝子組み換えのものと比較するなら

消泡剤が入っていても遺伝子組み換えでない大豆を使用していて
天然のにがりを凝固剤に使っているものを選ぶと思います。

食品ラベルは、詳しく見ていくいろいろと疑問に思うことがありますね。

ご興味のある方はぜひ
ズボラ天然生活入門講座にお越しくださいね!

1DAYでラベルの見方、天然生活の考え方、発酵食の良さを学びます。

 




 


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

4月、5月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 25 times, 1 visits today)

-ラベルの見方, 食品ラベルの見方, 食品添加物
-, ,