いけないとわかっているのに、間食がやめられない!

ワークショップの予定をアップしました

 

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

 

暖かく春らしい気候でしたね!

今日は「ひしお」作りのワークショップをさせていただきました。

添加物入りと無しのお味噌の実験も驚いてもらえましたよ。
ひしおWSのレポートは明日お届けします。

さて、4月の2週間は
例年、子どもたちの学校の年間予定が出ていなくて仕事の予定が立てられないのですが

今年は3月中に4、5月の予定だけ幼稚園から配られたので
予定を立てることができました!!

中学校、高校はうわさによると…親が集まるのは土日中心とのこと
それを信じて、予定を組んでみました。

ぜひ、ご興味あるものがありましたらお申し込みくださいね。

しっかり生活スタイルや体のこと発酵のこと、ラベルのことをお知りになりたい方は
ズボラ天然生活入門講座へ。

発酵調味料を作ってみたい方は、ワークショップへご参加ください。

4月、5月は
無農薬の生糠でつくる「ぬか漬け」
無農薬のそら豆と自然栽培玄米米麹で作る「豆板醤」中心です。

他のワークショップをご希望の方はリクエストしてくださいね!

間食がやめられません

さて、今朝1通のメールをいただきましたのでご紹介します。

食後のお菓子や間食(ほとんど甘いもの)が止められません。
栄養が足りてないのかな?とか思っています。
またおやつのレシピをもっと知りたいです♪
 

発酵食品で何か改善することは出来ますでしょうか。

ということです。

まず、栄養が偏っていない状態ですと満足度が高いので間食が減ってきます。

また、お砂糖に中毒性がある!と言われているので
甘みの見直しも効果的だと思います。

発酵食品で改善するか?ということに関しては
発酵食品を食べると間食がなくなります!

ではありませんが

発酵調味料を使うことによって
簡単に品数を増やし、見た目も実際にも満足度をアップさせてことができます。

また甘酒(甘麹)を利用することで
砂糖の使用を減らす、または無くすことが出来るのでとても効果的だと思います。

さらに、甘いものを減らすことにはなりませんが

薄味にすることで食べ過ぎを防ぐという効果はあります。

おやつのお話に戻りますが…

粉や油は、、肺や腸を荒らすと言われています。
お砂糖は中毒性があり、身体も冷やすと言われています。

粉と油とお砂糖を使ったおやつというと

クッキー、ケーキ、菓子パンなどなど…。
これらをやめるだけでもだいぶ違いますね。

ましてや花粉症の方はこれらを制限するだけで楽になる方もいらっしゃいます!

いつものおやつをちょっと変えてみませんか?

たとえば、甘みも麹だけで作った甘酒に変えてみましょう!(酒粕ではありません)

甘酒をそのままいただく!
フルーツを混ぜて一晩寝かせて「フルーツ甘酒」としていただく。

豆乳ヨーグルトと甘酒を混ぜる!

さらにそれを凍らせてアイスにする。

甘酒と寒天でゼリー。

甘酒とココアでチョコレート風

できることからしてみる。

玄米とお味噌汁(スープ)、お漬物(洋でも和でも)、お浸しやナムル
そこに卵、肉、お魚など。

品数があると目も楽しいです。

ご飯は玄米の方が腹持ちもよく、食べすぎが無いとは言われています。

一般的なことをざっと書きました。

また何か疑問点などがあればメッセージをください。

おやつのレシピも載せていくようにしますね!

ココアクリームブリュレ風デザート

自家製豆乳ヨーグルトの作り方

 

自家製豆乳ヨーグルト&麹の甘酒

(Visited 72 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 生姜は体を冷やす?

  2. 3か月発酵調味料を意識して変わりました!記録は大事

  3. ヨーグルトでお腹を壊した!?

  4. 冷え改善、温める食べ物

  5. ひよこ豆味噌活用法

  6. ロンドン滞在記(発酵ワークショップ)①

  7. 発酵食を作ったきっかけは夫でした!

  8. 自家製豆乳ヨーグルト&麹の甘酒

アーカイブページ