長男の卒業式でした!

あっという間の6年間

 

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

今日は、何度か登場させている長男の卒業式がありました。
朝7時15分に家を出まず次男を幼稚園バスまで送り


帰宅してそのまま学校へ向かいました。

時間ギリギリだったので、卒業式に出られる格好で次男をバス停まで車で送りました。

 

この1年はすべてが最後…という気持ちが強く

何かと感傷的になっていましたが

昨日は朝から最後だと思うととても寂しく
今まで通った9年間が思い出されました。

学校の教育方針も先生方も校舎も制服も
お友達もお母さま方も
大好きだったのだな…と改めて。

担任の先生にも恵まれ、幸せな6年間でした。

 

あたたかい卒業式&謝恩会

卒業式の歌、呼びかけ…
涙腺崩壊しっぱなしです。

一生懸命こらえようとしてもダメ…

先生方の涙を必死にこらえるお顔を見ては耐えられず

子どもたちの歌声や呼びかけにも感動し…

もう大変。

ティッシュ2袋がなくなる…年取ったせいか涙腺がゆるい。

息子の通った学校では6年生の修学旅行で
広島平和学習というものがあります。

戦争について平和についての学習を事前の準備からしっかり取り組み、

旅行中には戦争を体験した方からお話を伺います。

帰ってきてからは、平和学習で学んだことを
学年全員で朗読劇にして発表します。

命の尊さを学び、命を自分を他人を大事にする
とても大切な授業だったようです。

昨日の卒業式の中の呼びかけにも

命の尊さやいただいた命に感謝することなども入っていて
あー、たくさんのことを学んで成長した6年間だったなと

また涙する(笑)

卒業式後はそのままホールで謝恩会。
6年間のスライドを見ながら、お弁当をいただき、
子どもたちの出し物。

担任の先生方からのメッセージ。

先生方、泣き過ぎです。

せっかくこらえた涙も、また復活。

でも本当に手放したくない!とおっしゃっていただき、

そんな先生方に見守られた6年間に感謝しかありません。

そして、

「楽しかった小学校生活はよい思い出として

小学校は良かったなーでなく、もっともっとよい経験、よい思い出を積み重ねて行ってください。」

という言葉も嬉しかったです。

 

とてもあたたかい会でした。

どんな先生、どんな大人に出会うかってとても大切ですね。

中学に入っても良い仲間に出会い
壁にぶつかったり、乗り越えたり、立ち止まったりしながら
成長して欲しいなと思います。

私の出来ることは食事を作ることと
見守ること。

うん、頑張ろう!

謝恩会の後は、あわてて帰宅し、着替えてクラス会へ。
バタバタで幸せな1日でした。

帰宅したのは長男と一緒だったのに
結構遅い時間…。

卒業の日だというのに初めてお顔と名前が一致する方もいらっしゃいましたが
最後にいろいろとお話することが出来て楽しかったです。

子どもたちはゲーム、連絡先の交換…。

もうゲームや携帯を禁止するというのではなく
どう付き合うかを考えなければいけないのだと感じました。

長女の時は長女の性格もあったかもしれませんが

ゲーム必要なし、スマホ必要なし…とできたのですが
息子の場合はそうはいきませんでした。

ただ禁止する方が楽ではありますが
付き合い方をその都度話し合う約束で
ゲーム、スマホを持たせることにしました。

今の子たちは情報が多すぎて大変です。

便利と付き合うためにも

健全な心と体でいていただかなくては!

自分で考えて選択、工夫できる子、想像できる子
自分の力で前に進める子になってほしいなと思います。

私には「食」しかないので
これからもズボラ発酵食を深め、お伝えしていきたいと思います。

プライベートな内容を最後までお読みいただきましてありがとうございます。

寄り添って、見守ってくださるすてきな小学校でした。
知性より理性、はれやか

勝手に広報部なので(笑)
学校のリーフレットを20部預かってきました。

もしご興味もたれた方はお問い合わせください!


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

12月、1月、2月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 77 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 夏休みも後半…あともう少し 家族旅行@福岡

  2. 中学校入学式で思うこと(中学受験を終えて)

  3. 自宅出産のメリット

  4. 暑いけど発酵シチュー

  5. 自然農法のブドウ園でブドウ狩り

  6. 春はイベント三昧

  7. ダブル卒業式終了!

  8. レストラン「kabi」行ってきました

アーカイブページ