自家製トマト酵母の作り方

春ですね~

 

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

暑かったですね~。

例年のお花見のシーズンですと

昼間はあたたかく、夜は寒くてもう一度ダウンジャケットを出して
夜のお花見…をしたような記憶もあるのですが

まだそんなに冷えていないですものね…。

せっかく気温が高いので

今日は自宅で事務作業をしながらせっせとお洗濯。

コート、ジャンパー、セーター…手洗いしては1分脱水して
干す!

シーツも洗える毛布もみーんな洗って干しました。

どんどん乾く、気持ち良いですね~。

我が家は夫のスーツ以外は基本的に全部手洗い。
ほんとはプレスだけしてくれたらスーツも手洗いしたいんだけどな~と思ったり。

アイロンを上手にかける自信がないので
断念…。失敗して買い替えるのも怖いし。

さて、明日もできるだけ続きをしたいな~とは思いますが
ワークショップの準備の状況を見ながら。

明日は「豆乳ヨーグルト」のワークショップです。
レポートはまたしますね!

さて、今日はLINEで質問をいただきました!

トマト酵母の作り方

熟れたトマトをゲットしたので「トマト酵母」を作ってみたいのですが
玉ねぎ酵母と同じですか?
ビンは密閉しない方がいいのでしょうか?

と頂きました。

ありがとうございます。

だんだんと暖かくなってくるこの時期
発酵食品の作りやすい季節でもあります。

トマト酵母もその一つ!
トマトってほっといたらそんなに長期保存は出来ませんよね。

でも、トマト酵母にしてしまえば
食べられる期間が長くなり栄養は豊富になります。

トマト酵母の作り方

材料
トマト

作り方
1.皮をつけたままのトマトを切る
2.煮沸消毒した瓶に入れ、蓋をしたまま冷蔵庫に入れる
3.3日くらいしたら常温に出す
4.プツプツと気泡が出てきたら完成
5.また冷蔵庫に入れて2~3週間。
上下を入れ替えるように毎日かき混ぜるといいです。

シチュー、スープ、カレーなどが簡単に作れるようになります!

ピザソースにも。

ぜひお試しくださいね。


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

10月、11月、12月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 211 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 台湾の臭豆腐も有名な臭い発酵食品ですが…

  2. 夏の定番、お素麺の具

  3. ロンドンで簡単自家製味噌作り&オーガニックを探す旅

  4. 臭い発酵食品ホンオフェ

  5. 発酵の力と魚料理のお店「にっぽんのひとさら」

  6. 自家製柿酢を仕込みました!

  7. 発酵食を作ったきっかけは夫でした!

  8. 手作りツナの作り方

アーカイブページ