ズボラ天然生活

ズボラで体に地球にやさしいライフスタイルの提案

 090-3689-2400

365日迷わず発酵料理を作れるコツが分かる
「ズボラ天然生活入門講座」

ズボラ天然生活について 子育て 家族 発酵おやつ 育児

子どもたちのおやつ(質問にお答えします!)

メルマ読者の方からの質問です

 

こんにちは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

頂いたメールを紹介します!!

いつもメール楽しみにしています。唐木さんの人生も大変だったんだなと思いました。
いろんな経験があって今があるのですね。ズボラなところが私も出来そうな気がしてうれしいです。
ところで、お子さんのおやつはどうされていますか?

といただきました!ありがとうございます。

私、、人生なんて語りましたっけ?と思ってしまいましたが…
自己紹介のあたりでしょうか?
でも、ズボラなあたりを良しとしてただけて私も嬉しいです。

 

子どものおやつ

 

さて、ご質問の子どものおやつについてですが
考えちゃいますね~。今、次男が幼稚園なんですが、お友達の影響、まわりの影響を受け始める時期なのでバランスがとれるよう気を付けています。

 

基本的に家の中にお菓子は無いです。日常的にお煎餅やクッキーがおいてあるということはありません。

(夫のお菓子棚っていうのは実はあります…。子どもたちも知っています)

 

子どもたちの成長にあわせて多少変わるところはありますが

今でしたら、長女、長男はほとんど家にいませんし、帰宅するころにはお腹はペコペコ。おやつを食べている場合ではなくて、お夕飯。

食事の支度が終わっていなかったら、出来上がったものから食べていく感じ。

 

 

上の子たちが小さい頃はよくジャガイモをたくさんむいて、
フライドポテトを作りました!

お塩をかけるだけでおいいしいですよね~。

揚げるのが面倒な時はお芋をふかし、バターで。

これは私が小さい頃もよくたべたおやつです。

 

今は、次男とふたりだけで過ごすことが多く、
その時はやはりフライドポテトを揚げたり、

甘酒で卵焼きを作ったり、

米粉とお茶を混ぜてホットケーキを作ったりします。

 

あと子どもたちが好きなのは、煮たリンゴを春巻きの皮で巻いて揚げたものや
ただ甘酒にフルーツを入れるだけなども人気です。

次男は甘酒だけでも良く食べます。

もっと小さいころは「お米たべたーい」と甘酒のことを呼んでいました。
かわいかったです。

 

土日に長女が家にいるときは
いろいろと工夫して作ってくれることもあります。

以前ご紹介した甘酒で作るクラフティもそうです。

 

子どもにどう伝えるかが大事

 

最近の次男は幼稚園でのお誕生日会でケーキを食べたり、
預かり保育で出るおやつでチョコのお菓子や飴など食べるようになりました。

出るおやつが少し変わってくるといいなという気持ちはありますし、
少しずつでも働きかけたいとは思いますが

回数が多くなりすぎないように注意したり、おうちのおやつが美味しくて
パワーの源だよ!と伝わるような話はしています。

食べさせたくなくて、ただ禁止してしまうと
逆に食べたい気持ちが強くなったり、執着につながることもあるので

上手に伝えたいなと思っています。

気をつけるけど、食べることになっちゃったら気にしない。

普段からどうしてこれを食べて欲しいと思っているかはきちんと伝える!
ということは心掛けています。

この辺りは大切なことなので改めて綴りたいと思います。

お答えになりましたでしょうか?

簡単おやつバナナのクラフティ(甘酒で)

 




 


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

4月、5月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 30 times, 1 visits today)

-ズボラ天然生活について, 子育て, 家族, 発酵おやつ, 育児
-, ,