寝ること、食べることで脳ができあがる

頭がよくなる方法がこんなに簡単だったら

 

こんにちは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

もし、寝ること、食べることが出来ていればお子さんの成績が絶対上がる!
と言われたらどう思いますか?

小さなお子様をお持ちの方は、早く話しが出来るようになればコミュニケーションがとれるのにな、、また、かしこい子に育つように…と何か工夫されているかもしれません。

お子さんがもう少し大きくなっていたら、学校の成績があがれば…、考える力が身に着けば…

受験を控えている方は、頭のよくなるお薬があるなら飲ませた~い!なんて
思われるかもしれません。

もしかしたらご自身の勉強のために、もっともっと記憶力が上がれば…と思うこともあるでしょうか。

 

我が家には3人子どもがいますが
次男4歳の記憶力と柔軟な心、うらやましくて仕方ありません。

今朝も、ママにお手紙だよ!

持ってきてくれたお手紙におリボンまでついていて

朝から泣かせてくれます。

大きくなるとこんなにストレートにママ大好き!と言ってくれることはなくなるので

今を大切にしなければと本気で思います。

さて、私は脳の専門家ではないのですが
ちょうど今朝読み返していた本「食べもの文化」に食べる寝るを大切にという特集がありまして
3人の子育てで心掛けていたことがちょうど掲載されていましたので
ご紹介することにしました。

 

最近、高1(当時中3)の長女は随分と寝る時間が遅くなっていましたが、中1くらいまではその子も20時から21時には就寝していました。子どもたち3人、唯一守れているのが
早く寝ること、早く起きること、和食中心のご飯を食べること。

3人とも保育園時代は保育園でのお昼寝というのがあり、、就寝時間が遅くなる…ということがあったのですが
先生ともお話をしてなるべく短く切り上げてもらい
早寝につながるように…と努力しました!

本によりますと(文教大学教育学部特別支援教育専修教授・小児科専門医)
学力低下、体力低下、いじめや無気力、キレル子などの最近増えてきている問題は
「脳育ての間違い」からくるということのようです。

この先生のおっしゃる「脳育て」とは
「食べること」「寝ること」そして「親子で体や手足をうごかし遊ぶこと」
らしいのです。

詳しく脳のメカニズムや脳について本には書かれていましたが
ここではいくつか抜粋します。

子どもの脳を育てるのに大事なことは
・五感の刺激を繰り返しうけること
目で見る、耳で聞く、鼻でかぐ、舌で感じる、肌で感じる

なかでも最も大切なのは「太陽のリズムに従う」としています。

太陽のリズムに従って脳ができあがれば
夜は眠くなり、朝は空腹を感じて目が覚める。

当たり前のことのようでなかなか現代では難しくなっている
早寝、早起き、朝ごはんの基本が出来上がるということになります。

以前、朝ごはんを食べない子どもが増えている
お味噌汁を色が気持ち悪いという子がいる…と書いたと思うのですが

寝る時間もどんどん遅くなっているようです。

また遅く寝る子の方が朝食を食べないケースが多いようです。

子どもの脳の教育、お勉強ができるようになるためには…と考えると
習い事をさせたり、塾に行かせたり、遅くまで勉強する‥となってしまうかもしれませんが
本当は早く寝て、起きて、ご飯をしっかり食べる。

もちろんここでの朝ごはんは和食をおすすめしたいです。

なかでもお味噌汁を飲むことを日課にしていただけたら嬉しいです。

お味噌汁は飲んで体がポカポカするだけではなくて
幸せホルモンたっぷり、こころがポカポカする発酵食品でもあります。

これで済むなら塾に入れるより、ずーーーっと安上がりではありませんか?
そんなこと言ったって、寝かせて食べさせるだけでは不安…という声も聞こえてきそうですが

お子さんにそうさせるのが不安でしたら
まず、お母さん、お父さんがしてみてはいかがでしょうか?

寝不足でなく、発酵食を取り入れ健康体でしたら
イライラすることもなく笑顔でいられるかもしれません。

私自身も中学生、小学生の子どもたち付き合っていると
なかなか早寝早起きも難しいと感じることもありますが

そこはやっぱり親の役割なのかもと思えますし

根っこを育てていると思えば頑張れるかな?と思っています。

良く寝てよく食べる子はやはり元気ですよね!
小さいうちは特に親がコントロールできるので
できるだけ良い脳が育つようにしてあげたいですよね。

早く寝て、質のよい食事をとる!
良いことだとは思っていましたが、そんな記事を見つけたので今日はうれしくなりご紹介しました。

ご意見、ご感想もお待ちしております。

うちも最近まで中学受験生がいましたので

勉強しなさーい!!といいたい気持ちはとってもよくわかるつもりです。

でもでも遠回りと思っても寝かせること、きちんとした食事をすることはとても大切です。

ここでいうきちんとした食事は、何も時間をかけた大変な食事のことをさしているわけではありません。

ズボラ発酵食でOK。一日1杯のお味噌汁でOKなのです。お鍋も使わなくてOKです!!


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

10月、11月、12月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 50 times, 1 visits today)

関連記事

  1. アレルギーでも食べられる手作りキムチ

  2. 夏バテでなく「春バテ」

  3. 紙ナプキンをやめてみませんか?

  4. 乳化剤って何?食品でもお化粧品でもよくみかけます

  5. 発酵食品は活性酸素も消しますか?

  6. お薬とどう付き合うか?

  7. 生きている甘酒の作り方!ほんとにすごいです!!

  8. ぬか床ワークショップでした!塩麹人気者か?

アーカイブページ