本物のお味噌を使っていますか?見分け方

お味噌の見分け方

 

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

 

ズボラ天然生活のワークショップやイベント

また食品ラベルの見方ワークショップにお越しいただいた方には
よく見ていただいてる頂いている実験なのですが

本物の味噌か化学味噌か見分ける方法があります。

お味噌と言えば

お味噌汁はもちろん、みそ炒め、味噌味のお煮物、味噌鍋…と
登場率も高い調味料の1つですね。

無添加味噌

お味噌の材料は

大豆、米(米麹)、塩です。

細かくはいろいろありますが
基本の材料はこの3つ。

材料を合わせてねかせて半年から1年くらいでお味噌は出来上がります。

これが天然醸造のお味噌です。

速醸法

それに対して人工的に短期間で作られているものを
速醸法といいます。

速醸法でも温度管理だけで早く作っているならまだ良いのですが‥‥

速く発酵させるために添加物が使われていたり

色を付けるためにカラメル色素が使われていたり…

うま味のために化学調味料が使われていることもあります。

だし入り味噌と書かれていると
さらに美味しそうに感じるかもしれませんが

ちょっと待ってください!!!!

美味しい、ちゃんと熟成させたお味噌なら
お出汁がなくてもうま味も甘みもたっぷり。

さらに自家製のお味噌なら
その方に、その家にあったお味噌に仕上がっているはずです。

お味噌は医者いらず。

3年味噌は病気知らず…などという言葉がありますが

ぜひ、自分で作ったお味噌を長期間寝かせてみてください。

色はどんどん黒くなりますが
栄養価は上がっていきます。

自然食品屋などでは3年熟成味噌までは売っていますよ。

原材料の確認、天然醸造かどうか、
また何年熟成されているか確認してみてくださいね。

せっかく体に良いはずのお味噌…

バランスを崩すお味噌を口に入れないようにしたいものです。

我が家に今いるお味噌たちです。

みんな個性豊か。とっても美味しいです。(手前みそ)

ロンドンでのお味噌ワークショップで食べ比べをしていただくようのお味噌です。

ビニールに分けて入れて、保冷バッグにまとめて、さらにビニール袋に入れて
スーツケースに入れました!

つい先ほど、宅急便で出しました。

無事についてくれ~♪

手作り味噌の美味しさ、コクなどなど

伝わるといいなと思います。

体が喜ぶお味噌を探してみてくださいね。

詳しくお知りになりたい方は

入門講座やその他ワークショップにお越しくださいね。


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

10月、11月、12月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 27 times, 1 visits today)

関連記事

  1. チーズの添加物~セルロース~

  2. 体調のバロメーターは?どこをみるか決めていますか?

  3. 発がん性が指摘されている亜硝酸ナトリウム

  4. 試験当日の朝はかつ丼でいいか?

  5. ひしおワークショップ&ひしお発酵ランチ

  6. 塩麹は機械(発酵器)で作ってもOK?

  7. タール系色素は危険?(食品添加物)

  8. 麹から作る甘酒でべったら漬け

アーカイブページ