ロンドン最古のフードマーケット「バラマーケット」

1日フリーデーはバラマーケット

 

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

先日はロンドンでフリーだった日にまず最初に行ったロンドン南部にあるブリクストンマーケットについてご紹介しましたが

 

 

その日の午後には

今回の発酵ワークショップで窓口をしてくれた友人とそのご主人と待ち合わせをして

 

有名なバラマーケットに行きました。

 

午前中はロンドンの南側にあるブリクストンマーケットに行っていたので

そこから

 

バスで一度ホテルに帰り

荷物を置いて電車で向かおうと思っていたのですが

 

あともう少しというところで

バスを下ろされてしまい…理由が分からず、周りの人に聞いても分からないと…

 

 

ちょうど下ろされた場所がウォータールー駅で

バラマーケットのあるロンドンブリッジ駅に1本でいける場所だったので

ホテルに帰るのはやめて電車で向かいました。

 

約束の時間より早くついてしまったので

お友達にラインをしようと思ったら…ポケットWi-Fiがつながらない。

何でこんな時に圏外なの~。

 

この時は焦りました。

 

LINEでいつも連絡がとれていたので

 

お友達の住所も連絡先もちゃんと知らなかったのです。

 

フリーWi-Fiの使えるところを探してさまよい

なんとか見つけることができました。

 

よかった。あのままつながらなかったらどうしていたのだろう…。

 

連絡が取れ、会うことができました。

 

いざバラマーケットへ

 

何これ楽しい~。

地下鉄ロンドンブリッジ駅を降りて通りを渡るとすぐ目の前に

バラマーケットの入り口があります。

バラマーケットはロンドンで最古と言われているフードマーケット。

規模も大きく、様々な食材が揃います。

こんな魚やウニも

ハンバーガー、パエリア、シンガポールラクサ、タイ料理…チーズ、パン…。

食材からお料理まで。

平日のお昼時はサラリーマンも多いそうですよ。

先日ご紹介した「サイダー」のお店もありましたし

オイル専門店など

ゆっくり見て回ったらとても一日では足りません。

 

いろいろ見ながら歩いていると…何やら派手な格好をしているおじ様が

春の訪れを祝う五月祭。
そこではモリスダンスの衣装を着た方でした。

モリスダンスは英国の伝統的な踊りで男性だけ。

鈴などを足につけて鳴らすようにジャンプをしたり軽快に踊ります。
一緒に写真を撮っていただきました。

 

サラミもこんな感じでたくさんの種類がおいてありました。

とっても美味しかったのでお土産にいっぱい持ち帰りたかったですが…

こちらも発酵食品です!サラミについてはこちら⇒★

私は平日にお邪魔しましたが

週末はとても混んでいて歩くのも大変だということです。

こちらのバラマーケットで仕入れをしているレストランもあるそうですよ。


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

10月、11月、12月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 27 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 発酵おでんナイト

  2. 簡単・手作り三升漬けの作り方

  3. チーズの添加物~セルロース~

  4. ロンドン滞在記1日目後半 ホールフーズマーケットから

  5. カッテージチーズを手作りしよう

  6. 臭い発酵食品ホンオフェ

  7. 化学農薬・化学肥料を使ってないお野菜とこだわりの調味料のカフェ

  8. 発酵おつまみ「エシャレットの醤油炒め」

アーカイブページ