発酵おつまみ クラフトビールにワインに日本酒

ヤギサワバルでのイベント第3弾!

 

身体に、地球にやさしい「ズボラ天然生活」を主宰

ほんの少しの工夫とズボラさで発酵おうちごはんを想像する

フードライフクリエーターの唐木るみこです。

 

先週の金曜日は地元、西東京市にあるクラフトビールと自然栽培野菜のお店「ヤギサワバル」で発酵おつまみナイトと題して、

1日シェフをさせていただきました!

1回目は、醸しナイトということで発酵調味料を使ったおつまみをこちらで選んでお出ししました。

2回目は、お子さん連れのご家族にもきていただけるようにと2部制を導入。一部は発酵DONとキッズ発酵DON、2部は大人だけで発酵おつまみを…。

 

3回目の今回は、1コインで1プレート(例外あり)お好きなものを選んでいただきました!

お越しいただいたのは18名✨ご予約は12名だったので、、当日お越しいただいた方がたくさんいらしてびっくり&嬉しかったです。

 

発酵料理が好きな方、召し上がったことのない方、好きな方に連れてこられた方(笑)苦手な方…多くの方に気に入っていただけるおつまみを・・・。

 

そしてこの夜はなんと、サプライズの弾き語りも✨

 

お通しには鹿島パラダイスの自然栽培のルッコラとレタスを甘酒ドレッシングで!

また、自家製の「ひしお」と「白みそ」を召し上がっていただきましたよ。

白みそは10日目のもの。ひしおは3週間くらい前に仕込んだものです。どちらもとっても簡単に家で仕込めるものなので皆さんに知ってもらいたいなーとの気持ちをこめて。

 

久松農園の無農薬のそらまめと発酵レバーペースト。夜中食べても罪悪感の少ないおつまみ、おすすめです!

 

かんぱちとお豆腐の塩麴漬け

 

タンドリーチキンと水キムチ、キムチの写真は無し💦

自家製醤油を搾って、搾りかすも味見をしていただきました。搾ったままのお醤油を「生揚醤油(きあげじょうゆ)」と言います。火入れも何もしていないそのままのお醤油です。

 

ドリンクは2種類のクラフトビールにパラダイ酒(生日本酒)、生にごりワイン✨

 

出したものの作り方やお漬物の漬け方、自家製発酵調味料の使い方、良さ、どうお料理に使うか…などなど

皆様いろいろ質問攻めにしてくださるので、たくさんお話させていただきましたー!!

 

もともとお知り合いだった方もそうでなかった方も、なんとなく話がはじまり、仲良くなる・・出会いの場となったいました。

これもお店の雰囲気がつくるんだな・・

 

社会人になったばかりの頃にお世話になった方も駆けつけてくださり、なんだか楽しい夜でした。

発酵食品が特別なものでなく、みなさまのおうちの食卓にも、毎日1食はでますように…。

 

発酵調味料に興味をもった方はこちら⇒★

ワークショップの予定はこちら⇒★

 

発酵おつまみナイトの写真を撮ってくれたのは廣田あきこさん!ありがとう💗


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

10月、11月、12月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 86 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 美味しい!発酵ソースいろいろ

  2. いぶりがっこと酒盗のポテトサラダ

  3. おでんの起源とお味噌の期限

  4. アレルギーでも食べられる手作りキムチ

  5. 麹を使った発酵食品、飯ずし

  6. 手造りこんにゃくとわたくしごと

  7. 生甘酒は安全で酵素たっぷり

  8. 簡単・手作り三升漬けの作り方

アーカイブページ