ズボラ天然生活って?

私の考えるズボラ天然生活

 

はじめまして、フードライフクリエーター唐木るみこです。

 

今日は、
私の考える「ズボラ天然生活」について お伝えしていきます。

 

なぜ「ズボラ天然生活」にたどりついたか

幼いころは4人兄弟の長女として 弟、妹の面倒をよく見る子どもでした。
近くに住む祖父母のお手伝いも よくするよい子でしたが(自分で言ってます)


実は体が弱く、よく熱を出したり 咳が出ると止まらなくなったり、
アレルギーがでてしまったりと体調を崩すことも多く
学校を休む日もかなりありました。 

そんな私も 10代、20代の前半までは 
実家の母が食事に気を付け、日常品も厳選してくれたおかげで
体力もついてきました。

学生時代には、試験前の一夜漬けだって、
学校とアルバイトの両立だって
楽しくこなすことができていました。

しかし大学時代から卒業して就職する頃になると 
外食や寝不足など日々の不摂生でアレルギーは少しずつ復活。 

外からは見えない足のすねや腿の内側、肩などに湿疹が出来、
じんましんが出たり・・と悩まされるようになりました。

それでも様々な自然療法の知識やお手当で症状はわりとすぐ収まりました。
食の知識があるという自信や
日常品も厳選されたものを使っているという自信から 
「生活習慣を変える」ということはしませんでした。

すると とうとう来ました~!! 

原因不明のトラブルオンパレード

肌トラブル、目の充血、頭痛、鼻炎、片頭痛、神経痛、じんましん、だるさ‥‥

本当は原因不明なんかではなく、原因ありありでした。

外食の食品添加物、日常品のどこにでも潜んでいる化学物質。
水、土、空気 対人関係のストレス、睡眠不足… 
本当は生活習慣を変えるべきだったのですが… 

具合が悪くなってさらにしたことは、 
良いものを食べること。 様々な自然療法。

プラスアルファの何か‥‥だったのです。 

少しは回復するのですが、すっきりよくなることがない。 

一番欠けていたのは
睡眠!ストレスをためない考え方!

さらに、 良いものをプラスするだけではなく
悪いものをカットし、不必要なものを摂り入れない!

そんな単純な
悪いものをカットし、よい睡眠をとる、ストレスをためない考え方を身につける
ということに気付いていなかったのです。

だから原因不明に見えるトラブルが発生。

私に必要だったのは自然に逆らわない生活をすること

自分を見つめたことで
「〇〇を食べよう!! ではなくて
単純に生きているものに囲まれて、生きているものを食べることが大切!
ということに気付きました。

そこに気付いてからの身体の回復はとっても早かったです。

私の考える天然生活に必要なことは

生きている食=発酵食 
生きている素材=お薬や化学物質の力を借りていないもの
に囲まれること。 

でも、〇〇しなければならない!と心を固くすることなく
バランスよく、目的にあわせて選んで行くというスタイル。 

ここにたどり着く過程で 勉強してきたこと、実践してきたことを
少しずつお伝えしていければと思っています。

 

すぐにズボラ天然生活を実践したい!というかたはぜひ
ズボラ天然生活入門講座」にお越しくださいね。

 


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

12月、1月、2月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 70 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 発酵食品の日本酒 日本酒のラベルの見方

  2. 発酵食の効果的な摂り方

  3. 夏バテでなく「春バテ」

  4. 助産院で産むということ

  5. カラメル色素って身体に良くないの?

  6. 生理痛の程度も体の状態を知るバロメーター

  7. 発酵食で家族の会話がふえる?!

  8. ズボラ天然生活継続講座

アーカイブページ