天然生活はズボラでも続けられます!

1日1発酵食のすすめ

 

こんにちは、身体に地球にやさしいズボラ天然生活主宰

少しの工夫とズボラさでおうち発酵ご飯を想像する

フードライフクリエーターの唐木るみこです。

 

生きているもの(化学物質などを使っていないもの)に囲まれて、生きている食べもの(発酵食)をいただく。

今の時代、全部変えることはほぼ不可能です。

それなら考え方を転換して、
1日1つ生きている食べ物(発酵食)を食べることから心がけてみませんか?

 

私は、ズボラ天然生活入門講座味噌玉作りをおすすめしています。

(外食に関しての考え方はこちらから!)

 

日本人が昔から親しんできた心も体もあたためるもので、
ミネラルもビタミンも大豆や麹の栄養もバッチリ摂取できるスーパーフードだからです。

詳しくは講座にいらしてくださいね!

でも味噌玉を作るのも面倒!という方は、お味噌をただお湯で溶いてみてください。

それも面倒でしたら、お味噌をそのまま食べてもOK。
キュウリやキャベツにつけて食べてもいいですね!

今日は、1日1発酵食の助けになるものをもう1つご紹介しますね。

それはお漬物。お漬物といっても種類はたくさんありますが、一番簡単な「塩漬け
これも立派な発酵食品です。

世界中にあるお漬物は、そのままでは長く保存できない野菜を長く食べられるようにする智慧でした。
漬物の発酵は植物性の乳酸菌や酵母菌によるものがほとんどです。

塩漬けすることによって、野菜の水分が抜け、糖分が引き出されて、それらを栄養に乳酸菌が生まれ発酵し始めます。

これによって雑菌の繁殖も防ぎます。

さらに発酵することによってしょっぱいだけでなく甘味がでるなど野菜本来の甘みやうまみを引き出します。

この乳酸菌は1日で数千万個、2日では数億個にも増えるといわれています。
それに加えて野菜の食物繊維も一緒に摂ることができ、腸内の環境を整えていきます。

植物性の乳酸菌を摂りたかったら、2~3日たったお野菜の塩漬けのつけ汁を飲むこともおすすめです!

 

おうちにあるお野菜を塩漬けしてみてください!つけ汁は乳酸菌の宝庫。

捨てずにそのまま飲む。

暑い日ならロックで、寒い冬ならスープやお鍋に入れて、ぜひ飲んでみてくださいね!

市販品のお漬物は、発酵しているのではなく、添加物などで風味付けがされているだけのものもありますので

手作りをおすすめします!

 

手作りの塩漬けを長く続けているとだんだん酸っぱくなっていきますがこれは発酵している証拠。

つけ汁が濁ることなく、腐敗臭などしなければ食べられますのでご安心ください。

酸っぱくなりすぎた塩漬けは炒め物、チャーハン、鍋物などに利用すると美味しく食べられますよ。

 

私は今朝は、人参、大根、キュウリの塩麹漬けをしていた

つけ汁をあたためて、溶き卵とお味噌をほんの少し落としていただきました!

 

美味しかったですよ~。

 

(Visited 46 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 手作り味噌なら寒い時期に

  2. 外食はダメなの?

  3. やっと家族で一泊旅行ができました!

  4. 自家製味噌がすぐに食べたいなら「白みそ」!!

  5. 無農薬の生糠でぬか床作り 動画あり!

  6. 除菌・消臭

  7. 便秘解消、腸内環境改善!

  8. ハーブ酵母

アーカイブページ