私の1日(子ども3人子育て奮闘記)

子ども3人子育て奮闘記

 

こんにちは。地球と身体にやさしいズボラ天然生活主宰、少しの工夫とズボラさで発酵おうちご飯を想像するフードライフクリエーターの唐木るみこです。

 

私の一日

子どもが3人いてお仕事して、でも結構出かけてるし、、
いったいどんなスケジュールで動いているの?
早朝でも夜中でもメールの返信くるし…寝てる~??
と聞かれることがよくあります(笑)

そんな質問を真に受けて今日は書いてみますね!

私、自由自在に眠れて、すぐに熟睡できるという特技があるんです。
もちろん、昔からそうだった訳ではないのです。少しずつ、少しずつ、なりたい自分のスタイルになってきたということでしょうか。

 

 

我が家の朝は早いです!(私は本来超夜型です)
まず起きたらお水。次にお味噌汁を飲みます。
あとは発酵もので水分補給をしつつ体をおこします。

長男が6時、長女が6時55分に出かけます。続いて夫が7時頃(最近早いのですよー)、
私と次男が7時15分出発です。

子どもたちはそれぞれ、お弁当の日、給食の日がバラバラで、
お弁当を一つも作らないという日は無いです。

まだお弁当を忘れたことは無いのですが、給食の日にお弁当を作ってしまったのは何回あったことか…。

幼稚園の子のお弁当は先生からの
「今日は全員給食の日でした。申し訳ありませんがおうちで召し上がってください」とのお手紙付きで返ってきたことが何回か…。
まだ入園して半年なのですがやらかしております。

忙しいのにお手紙まで書かせてしまって毎回こちらが申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

そんな訳で朝からバタバタしているのですが、
朝食に関しては、子どもたちが自分たちで用意します。

朝のお味噌汁について

冷蔵庫からおかずを出したり
お味噌汁をあたためたりする程度ですが…。

私は基本的に朝からお味噌汁を作ることはありません。たいてい前の日の、前の前の日のものだったりします。無くなったら作ります。なのでお味噌汁の無い日というのはありません。

これはきっと許せない…という方もいらっしゃるでしょうか?

根菜、葉物野菜の日と海藻中心の日、具だくさんでおつゆはどこ?という日があります。

あさりやしじみ、アラ汁などの魚介系が人気です。

 

最近は次男が張り切って、おはしや取り皿の用意をしてくれます。

長男小6はなかなかなかなか。反抗期?思春期?
どうしてよいかわからない感情とたたかっているのがよくわかります。

冷静な時は、「そうだね、大変だったね、疲れたよね~」などと声をかけて流せますが
こちらがバタバタの時は・・・売り言葉に買い言葉…「その態度は何?」となってしまうことも。

そうなった時は、いけない、いけないと、、バランスをとるため自分と向き合います。
(どうバランスとるかはまた今度詳しく。いやー大人になりました、私)

長男もまだまだにこっとした笑顔がかわいいのですが、、ただ今大人に脱皮中。とても繊細です。

長女もよくお手伝いをしてくれますし、自分のことは自分でプラス弟たちのことも、
時に父親(笑)の面倒もみてくれますが、こちらも思春期真っ只中…。
態度にムッとくることも無くはない。がまだかわいいものです。

 

無事にみんなが出かけた後は
1駅先の駅までお迎えに来てくれる幼稚園バスまで次男を送ります。
つい最近まで幼稚園バスで登園することを考えられずに30分以上かけて(お散歩込)送っていたので
今ものすごーく体が楽です。

自宅最寄駅に8時前に戻ってきて、何もない時は駅前でコーヒー飲みながら
1~2時間作業。

帰宅して洗濯物を干し、かるーく台所を片づけて(片づけが得意で無く、時間がもったいないなーと思ってしまって)またパソコンに向かいます。

ワークショップや打ち合わせがある日でもだいたい15時半までに一度お仕事をリセットして16時に幼稚園に。

車でお迎えに行っているのですが、次男が眠そうでなく元気ならお魚やさんへ寄るのが日課です。

一日の後半戦

帰宅後長男の塾のお弁当と夕飯作り。(15分間)
お弁当を届けて、ランドセルを引き取り、帰宅。

ここから結構バタバタです。
次男とその時いるその他の子たちと夕食、次男のお風呂(自分で入りたがるので様子は見ますが結構楽してます)
本を読んだり、工作につきあって…しばらくすると就寝。

次男が眠ったころに、長女、長男帰宅。
お夕飯がまだならお夕飯。それぞれ宿題したり、私にしゃべりかけてきたり…。

22時頃までには就寝または部屋に入るので…

一人時間やってきました~!

夕方以降に来たメールなどなどに返信したり、パソコンに向かい始めます。

仕事片づけたら、1杯飲んで寝るぞー!!と思いながらなかなかその時間が迎えられない今日この頃…。

そうこうしているうちに夫から帰宅1時間前くらいにLINE。

明日のお弁当、朝食の準備も兼ねて夜食(おつまみ?)を簡単に作り、

明日の仕事の段取りを整理して…、うーんそろそろ眠いかなー?
その日のうちに寝るのが目標ですが、、、なかなか難しい。

5時にスタートした1日がこんな風に過ぎることが多いのですが、
時間が取れれば、夕方に30分のお昼寝タイムをとります!これで結構元気になります♪

体力の温存の仕方(?)

夕方に30分寝ちゃったり、次男が寝てから、上の子たちが帰ってくる間に時間があったりしたらそこでちょこっと寝。
そんな寝方できなーい、という方もいるかもしれませんが、できちゃうんです、私。

で、忙しい時は食事の量を控え、外食を極力避けます。
それで随分と疲れ方が変わるので
食べ物を消化吸収するのに多くのエネルギーを使うのだなと実感します。

 

発酵食品は、消化吸収を助けますので、パワーを使わなくてすむのですね。
食後の眠さもあまり感じないです。

 

ぜひ、だまされた!と思って「ズボラ天然生活」推奨の食事をしてみてください。
睡眠時間を減らしても、長く眠ったのと同じくらいに感じるかもしれませんよ。

平日になかなかゆっくりと食事を作る時間がとれないので、
土日は別のスケジュールで作り置きをたくさん作ります!作りおきレシピに関しても
アップしていきますのでご覧ください。(カテゴリ欄から選べるようにしました!

発酵調味料を使うと傷みにくいので、作り置きやお弁当にもとっても便利です。

今日はよくある平日の1日を書いてみました。
子どもたちが小さいうちはどうしても送り迎えに時間をとられますね。
それを大切で貴重な時間だと思えるのは3人目だからこそかもしれません。
だってほんとに続かないし、いっとき、ほんの一瞬なのです。

 

長女、長男が小さな時は、体を休めること、趣味に時間を使うこと、お昼寝をすることはまるで悪いことのように感じていました。

それが今は、自分が楽しむこと、幸せなことが家族のためなんだと思えるようになったのです。

(努力中の部分もありますが…)

特にこの1年は、週1日はオフの日にしたいな、と思って習い事まではじめてしまいました。

これも発酵食のおかげです。

もう一つ忘れてはならない大事なこと。
私のスケジュールの中に、子どもが風邪をひいて〇〇をキャンセル…とか
体調が悪いので…がほとんどないのです。

熱を出したことももちろんあるのですが
何日も続くことがないのです…。その子のもっているものもあるかもしれません。

でも、やっぱりズボラだけど生きているものに囲まれている生活もきっと
そうした体や心の強さを作っているのではないかな・・・と3人育てていて確信にかわりつつあります。発酵食とお手当と自然療法で鬼に金棒です。

こんな私にあってみたい方、ぜひズボラ天然生活入門講座に遊びにいらしてくださいね。

発酵食のことだけでなく、考え方やお野菜の選び方などズボラ天然生活に必要なエッセンスを1日でお伝えします。

 


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

9月、10月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 61 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 暑いけど発酵シチュー

  2. 春はイベント三昧

  3. 子どもたちのおやつ(質問にお答えします!)

  4. 自宅出産のメリット

  5. 助産院で産むということ

  6. こんにゃく湿布のお手当

  7. エビ・カニアレルギーだけじゃなかったかも…

  8. 中学校入学式で思うこと(中学受験を終えて)

アーカイブページ