無添加自家製いくらの作り方

お正月準備の1つ いくらの仕込み

 

おはようございます。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

いくら好きですか?私は大好きです!ほんとは毎日どんぶりで食べたい!くらい

好きなのですが、

魚卵はやはり少量をたまにいただくのが良いかなと思っています。

今年は筋子の値段が高すぎて…いつものように作れなかったのですが

それでもいくらを購入するよりは安くまた安全に作れました。そして美味しい!!

 

自家製いくらの材料は?

作り方は簡単です!

市販のいくらは人工甘味料やうまみ調味料の入っているものが多いので
ぜひラベルをチェックしてみてくださいね。

自家製のいくらは

筋子とお醤油でできます。甘味が欲しい方はみりんをいれてもOKです。
お醤油の種類を変えるだけで違ったいくらが出来上がりますよ。

まず、筋子を買ってきてください!
お安くなっているのを選ぶといいと思います。(今年はこんなに安いの見つけられませんでした)

スーパーで筋子が出始めたら値段をチェック!安くなったところでゲットです。

いくらを買うより、作った方がグッと値段が安く経済的です。
しかも健康にもよい!今の時期がギリギリです。これからどんどん固くなっていってしまうので

早めに手に入れてください。または来年!

いくらの作り方

  1. 筋子を用意します。
  2. 次にボウルにぬるま湯を入れ(3%の塩も)その中に筋子を入れます。
  3. まわりが白くなってきたら、魚の網の上に筋子をのせてこそげ落とすように、はずしていきます。
  4. または泡立て器などでもOK。私は量が少ない時には泡立て器でさっと外してしまいます。
  5. 保存容器に移し替えれば出来上がり!冷凍OKです。安い時期に作って冷凍保存しておき、必要な時に解凍して食べるのがおすすめです。

常温解凍で問題なく食べられます。少量ずつ冷凍しておくのがいいですね。


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

4月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

 

お砂糖を使わない伊達巻

(Visited 86 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 発酵おせちの季節になりました!

  2. 発酵と腐敗は何が違うのか?

  3. 自家製豆乳ヨーグルトの作り方

  4. 受験生のママへ、親のできることは体の管理と心のケア

  5. 自家製酸辣湯をトマト酵母と自家製ザワークラウトで

  6. 自家製の安心・おいしいキムチの作り方

  7. アレルギーでも食べられる手作りキムチ

  8. ロンドンで入ったカレー屋さんではアルコール持ち込みOKでした!!~ラム…

アーカイブページ