ソルビン酸、ソルビン酸カリウム

食品添加物(ソルビン酸、ソルビン酸カリウム)

 

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

今日は子どもたちの好きなものにも

たくさん入っている可能性のある食品添加物についてお伝えします。

 

殺菌・防腐効果

少し前にお酢のお話を書かせてもらいましたが
発酵食品のお酢やお醤油といえば殺菌・防腐効果もある食品で家庭の中では昔から
生活の知恵として食品を保存するためであったり、臭みをとるために使われてきました。

 

食べ物の組み合わせや保存の仕方を工夫して暮らしてきましたが
現在では流通の過程での変化を防ぐために防腐剤が使われるようになりました。

中でも今日はソルビン酸ソルビン酸カリウムについてみていきたいと思います。

この防腐剤もよくみますよね…。

一つ一つの食品に入っている量はそれほどではないかもしれませんが
トータルで考えるとかなりの量を取り込んでいることも考えられます。

バランスがとれていれば問題ないかもしれませんが…

避けられるものなら避けておきたいものの一つです。

 

ソルビン酸は保存料

 

ソルビン酸は、カビや細菌の繁殖を防ぐ保存料です。

ハム、ウィンナーなどの加工肉、はんぺん、ちくわなどの練り製品、ジャム、チーズ、
お漬物、などにも入っています。

 

ソルビン酸には発がん性や免疫障害、染色体異常を起こす恐れが指摘されています。

またソルビン酸と亜硝酸塩の組み合わせもさらに発がん性が高くなるとも言われています。

 

この二つが両方とも入っていることが多いのがハムやウインナー、サラミなどの加工肉です。

避けられない時は美味しくいただくとしてできる限り個人的には避けたいな…と思っています。

 

食品の保存と言えば、乾燥させる塩漬けにする、発酵させるの3つでだいたい出来ます。

乾物は水で戻して食べ、塩漬けは塩抜きをして、また発酵食品はそのまま食べれば栄養価もあがっています。

最近の技術によって一年中、世界中のものが楽しめるようになりましたが
たまには昔の保存方法を見直し、季節のものをいただくことを楽しんでみませんか。

食品を選ぶときの考え方(重要)

タール系色素は危険?(食品添加物)

(Visited 262 times, 1 visits today)

関連記事

  1. お豆腐に使われる食品添加物

  2. サラミ、生ハムも発酵食品なの?!

  3. ぬか床は冷凍してもOK!

  4. 手作り味噌の消費期限ってあるの?

  5. 危険度大の添加物 オーガニックワインの会

  6. 食品添加物を避けられないなら…どうする?

  7. 外食はダメなの?

  8. コンソメやブイヨン使わなくても大丈夫!

アーカイブページ