自家製味噌がすぐに食べたいなら「白みそ」!!

暑い季節におすすめ「白みそ」

 

ほんの少しの工夫とズボラさで

発酵おうちごはんを想像する

フードライフクリエーター唐木るみこです。

 

暑くなりましたね~!

梅雨入り前なのに30℃…。今年の夏はいったいどれくらい暑くなるのでしょうか。

 

すでにお店や電車の中は冷房が効きすぎていて、寒いくらいの時もありますね。

脱水に冷え、ミネラル補給と夏場にはすることがたくさんあります。

ミネラル補給におすすめ「手作り味噌」

 

さて、昨日は朝、幼稚園に送りに行く前に「白みそ」を作りました!!

味噌!と言えば冬場に仕込み、夏を超えて1年経つとおいしくなるというイメージがあるかと思いますが

今日はこの時期こそおすすめしたい「白みそ」についてちょっと書いておきます。

白みそ、赤みそ、米味噌、麦みそ・・・熟成の仕方であったり、材料によって

お味噌の名前はいろいろあります。

 

白みそとは

普通の米味噌よりも米麹の量が多く、大豆は蒸すのではなく茹でて、大豆の皮も取り除き

茶色い色になる要素を排除してしまいます。

塩分量も4%~7%くらいのものが多く、甘味があり熟成が早いものとなります。

作り方

 

大豆をよく洗って10時間くらいつけておきます。

この時、皮が浮いてくるので捨てる。何度か水替えしているときれいになるかと思います。

水の量は大豆の3倍くらいだと安心です。

次に大豆を今回はアサヒ軽金属のゼロ活力鍋で、おもりが振れてから0分。あっという間におしまいです♡

やわらかくなった大豆をすりこぎで潰しました。

フードプロセッサーを使ってもいいですし、足で踏んでも何でもOK。

そうしている間に塩切こうじをします。(麹と塩をよく混ぜ合わせておく)

最後は塩切こうじと大豆をよーく混ぜて、ビニール袋へ✨

 

右が玄米麹、左が白米麹。

 

写真ではわかりづらいですが、左の方がやっぱり白いです。

日の当たらない涼しいところで保管。3日もすると味噌らしくなり、2週間、1か月と美味しくなっていきます。

お好きなところで冷蔵庫へ。

すぐに冷蔵庫に入れてしまっても意外と熟成します。

白みそ材料

麹1キロ

大豆(煮たもの)500g

塩70~100g

白みそ材料のポイント

 

大豆の2倍くらいの麹

5~7%の塩分

以上をまもれば出来上がります。

白みそは、とっても甘めの味噌なのでお料理に使いやすく、洋風のお料理にもおすすめです。

うちの長男はキュウリに白みそをつけて食べるのが大好きです。

米味噌ほど時間がかからないので手軽に手作り味噌を楽しめますね。

 

発酵ワークショップ(西東京市)の予定はこちら⇒★

 

自分のため、家族のため、365日迷わず発酵料理を作るコツをまじめに覚えたい人のための

「ズボラ天然生活入門講座」についてくわしくはこちらをご覧ください!⇒★

合わせ麦味噌造り

 

(Visited 271 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 麹から作る甘酒でべったら漬け

  2. うまみ調味料ってレシピに書いてあったら?

  3. 朝、一杯のお味噌汁でこんなに違う体

  4. 風邪にかからないためにできること

  5. そら豆で作る自家製豆板醤

  6. 来年のWSの申し込みスタート! フラワーエッセンスについてまとめました…

  7. レストラン「kabi」行ってきました

  8. ロンドンで発酵ワークショップ!!

アーカイブページ