台湾の臭豆腐も有名な臭い発酵食品ですが…

世界の臭い発酵食品

こんばんは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

 

世界の発酵食品、臭いものシリーズ3つ目は
台湾の臭豆腐です!

台湾の臭豆腐

 

 

こちらも…臭い、臭い…と聞いていましたし、名前も臭い豆腐と書いて「しゅうどうふ」ですから
期待していたのですが、そうですね‥‥そんなに臭くないです(笑)
いや、臭いですが、そこまででも…

さすがに世界一臭いシュールストレミングの方が臭いですし
個人的には「くさや」の方がきつい臭いに感じました。

2年前のお正月に台湾に旅行に行った時、夜市で食べました。
臭豆腐には生の臭豆腐、揚げ臭豆腐、スープで煮込んである臭豆腐がありますが

揚げ臭豆腐が一番臭いも少なく、外はカリッとしていて中はふんわりやわらかく
美味しかったです。
お漬物が添えてあるお店も多かったです。

臭豆腐は納豆菌酪酸菌によって発酵させたつけ汁に豆腐を漬け込んだもの。
台湾や中国、香港で食べられている郷土料理です。

発酵食品と言ってもお豆腐自体が発酵している訳ではなく、
お豆腐の表面の植物性たんぱく質が、つけ汁によって一部アミノ酸に変化し、
この強烈な臭いを発するようになったようです。

夜市でもいくつものお店を見かけましたし、臭豆腐専門店もあります。

日本ではトイレやドブの臭い…とよく表現されていますが

好きな方と嫌いな方に完全に分かれるお料理な気がします。

結構くせになるお味な気がしますよ。
台湾に行かれる方はぜひ試してみてくださいね!

また、食べたご感想をぜひお知らせください。


 

発酵調味料を上手に使いこなす先人の智慧とコツ。今日からお買い物で迷わない。

食品選びの知識を身につけたい方、家族の健康を守りたい方も

お待ちしております。

12月のズボラ天然生活入門講座の詳細はこちらです!


 

(Visited 158 times, 1 visits today)

関連記事

  1. トマト酵母でパン作り

  2. お醤油作りを見せていただきました!ミツル醤油(糸島)

  3. 自家製酸辣湯をトマト酵母と自家製ザワークラウトで

  4. やっと家族で一泊旅行ができました!

  5. そら豆で作る自家製豆板醤

  6. 塩麹は機械(発酵器)で作ってもOK?

  7. 常備しておくと便利な揚げびたし

  8. 自然療法ツアー(オーストラリア)4日目 2016年11月

アーカイブページ