外食はダメなの?

外食はダメ?危険?


身体に地球にやさしい「ズボラ天然生活主宰」

ほんの少しの工夫とズボラさで発酵おうちごはんを想像する

フードライフクリエーターの唐木るみこです。

今日のテーマは、ズボラ天然生活、外食は絶対ダメ?です。

もちろん私の考えるズボラ天然生活では、答えは「いいえ、外食も楽しみましょう」です。

さらに言うと外食も旅行もどんなことも楽しめる心も体も余裕のある状態が目指せたらベストですね!
と思っています。

発酵食品のワークショップをしたり、「ズボラ天然生活」をうたっているので、よく驚かれますが
私はラーメンが大好きです!中でもこってり豚骨ラーメン油そば!!

もう、この人の話なんて聞きたくなーい!って思いました?がっかりさせてしまったらごめんなさい。

お店で食べるラーメン、スーパーやコンビニに売っているカップ麺、これらは結構危険な添加物が入っているものが多いのも事実です。

全部とはいいません、化学調味料無添加を売りにしているラーメン屋さんもありますし、

自然食品屋さんで買えるインスタントラーメンもありますね。

 

ですからラーメンはすべて危険!でバツではありませんが、まあ、栄養が偏りがちになり、添加物たっぷりなものが多いのは確かです。

ラーメンの中には、これは食品なのだろうか?それとも工業製品なのか?と思われるような原材料のものもありますから、表示をよく見てくださいね!

さて、ではどうしましょうか?

外食…がラーメンになってしまいましたがそのまま続けます。

生きているものに囲まれて、生きているものをいただくと体は喜びます。

 

様々な考え方があるとは思いますが食品添加物の多くは体に負担をかけます。
また、発酵食品であっても添加物が入っていると分解酵素が働かないってこともあります。


(ご興味ある方はワークショップにぜひいらしてくださいね。化学味噌と手作り味噌の違いの実験を必ず見ていただいています)

なので体だけのことを考えるとやはり毎日続くのはよくないと思います。


よく体の免疫力のことを樽やコップに例えることがあります。その樽やコップから何か有害なものがあふれた時にアレルギーや病気が発症する!という考え方です。

 

身体に負担をかけるものと身体に良いもの、排出するものとのバランス

身体に負担をかけるもの(コップや樽をいっぱいにするもの)は、
食品添加物有害化学物質大気汚染紫外線ストレス睡眠不足‥‥要因はたくさんあります。

身体の負担を軽くしていくのは
栄養バランスのとれた食事発酵食品をとり、よい尿便などをきちんと出すことだといわれています。腸の健康を保つことももちろん大切ですね。

ですから負担のかかるものをなるべくとらないように努力をして
睡眠をきちんととる、適度な運動をする、ストレスをためないこと。

しつこいようですが、身体がよい状態に保たれるかどうかはその人にとって、入ってくる良いものと悪いもののバランス、また、それを排出する力とのバランスなのではないかと考えています。

私の場合、ラーメンを食べたあとは、帰宅したら油を分解するようなハーブティ、甘酒などをいただき、
その後の食事は控え目に、また翌日も同じような食事続かないように気を付け、
玄米とお味噌汁にぬか漬けだけの日を作ったりとバランスをとるように心がけます。

病気になっていない場合はそれで良いのかなと考えています。

油物を食べ過ぎたら消化・吸収の良い食べ物を食べる。お茶を飲む。

そして、身体がいつもより疲れていないか、重くないか、むくんでいないか…などは注意深くみるようしています。体に目を向けるといつもと違う変化に気付くようになりますよ。

 

毎朝届く無料のメール講座はこちらから!⇒★

*携帯メールからご登録の場合は届かなかったり、写真が表示されないことがあるようです。

 

 

(Visited 121 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 暑さに負けないためにできること

  2. 発がん性が指摘されている亜硝酸ナトリウム

  3. 自家製トマト酵母の作り方

  4. 自家製豆乳ヨーグルトの作り方

  5. 体の糖化現象

  6. 時短に発酵食品

  7. 発酵調味料があると時短!腸もかわる

  8. 自家製の安心・おいしいキムチの作り方

アーカイブページ