世界一くさい発酵食品シュールストレミング

臭い発酵食品

 

こんにちは。フードライフクリエーターの唐木るみこです。

昨日に続き晴れていて嬉しいですね。今日、明日は長男、次男の学校が入試、入園手続きなどでお休みです。

仕事がなかなかすすみません…。

 

昨日は、発酵と腐敗は同じか?違うか?というテーマで書きましたが
そう、、、人間にとっては違うけど、微生物にとっては一緒!ということでしたね。

そう、今日は世界一くさい発酵食品シュールストレミングがまさにそのこれは
発酵なのか?腐っているのか?微妙なラインなのではないかと思います。

シュールストレミング

発酵食品の中で一番臭いと言われているのがシュールストレミング

ニシンを塩漬けにして缶の中で発酵させた漬物の一種。

シュールストレミングの意味は?

スウェーデンで主に作られています。

スウェーデン語で
シュール=酸っぱい
ストレミング=バルト海のニシン
の意味があるそうです。

日本で臭いと言われているくさやのなんと6倍の臭さ。

ちなみに2番目は韓国の「ホンオフェ」

3番目はニュージーランドの「エピキュアーチーズ」

4番目がグリーンランドのカラーリット民族やカナダのイヌイット、
アラスカのエスキモーなどで作られている「キビヤック」

5番目に日本の「くさや」がきて、
続いて「鮒ずし」「納豆」と続きます…。

さてさてその臭い発酵食品「シュールストレミング」ですが
日本発酵文化協会のシュールストレミングを食べる会で初めて食べました!

 

まず持ち寄った美味しい発酵食を食べてから‥‥

 

いよいよ缶をあけます!

 

日本発酵文化協会前の駐車場に新聞紙を敷き、
参加者はレインコートやシャワーキャップ、ゴム手袋などをして臭い対策!

私はビニールのゴミ袋をかぶって缶に近付きました。

缶、パンパンですよね!

 

このとき駐車場の前を数名の小学生が通ったのですが…
「くっせー」というわかり安い表情で通り過ぎていきました。
他の道行く人も
団体でレインコートを着ている異様な光景にびっくりしていたと思います。

さてさて肝心の感想ですが 缶に缶切りを入れた瞬間、
「くさー」になるかと思いきや「あれ?」なんともない。

しばらくすると・・・プシューと音を立て何かが上がり、
風がこちらに吹いたその時…きました~!

しかし、「くっさー」でもむせるでもなく、
トイレ、溝、雑巾…それが全部混ざったどんなにか耐え難い臭いか…と思って
構えすぎたせいか
ん?案外臭くない??と思ってしまいました!

缶を開けるとなんと液体…。でした。

事前にインターネットなどで予習していた画像は
すべてニシンの形が残っていたのですが、
今回開けた缶は中身がすっかりグレーの液体に。

パンにクリームチーズを塗り、その上にシュールストレミングをたらして食べました!

初体験!最高でした!

口に入れるとなんとも言えないやっぱりツン!とする臭いにおいがあがってきますが、
結構癖になるかも…。
パンを2枚も食べ、さらにスプーンで1なめチャレンジしました。

以前から気になっていた「シュールストレミング」を食べられて最高でした。

輸入の数に制限があり、爆発する恐れがあるので常温保存もできない
「シュールストレミング」
室内で開けると臭いも残るそうなので、屋外限定。

世界で2番目にくさいといわれているホンオフェを体験した時の話はまたの機会に。

キビヤックも食べてみたいな…

臭い発酵食品ホンオフェ

菌の活動によって作られる発酵食品、発酵調味料を作ってみたい方、食品ラベルの見方を1日で覚えたい方は、

ズボラ天然生活入門講座へどうぞ。

発酵食品は面倒、古臭いのイメージが変わります。

 

(Visited 232 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 心も体も春へ 春は苦いものを

  2. 夏休みのワークショップ&イベント2018

  3. 臭い発酵食品ホンオフェ

  4. 自家製納豆の作り方

  5. 発酵食品でダイエット

  6. 夏の定番、お素麺の具

  7. 自家製ザワークラウトを作ってみよう♪

  8. 甜面醤も手作りできる!

アーカイブページ